ブログ | 延岡のカフェのようなジュエリー店、Berceuse(ベルスーズ)。お気軽に遊びにいらして下さい。

ベルスーズ

Blog

2014年05月28日

リングはご主人様とともに・・・

宝石は色んなパーツで楽しめるものなのですが、
なかでもやはり、指輪=リングは特別です。

人生の大きな節目、結婚に大きく関係するリング。
毎日目に入り、感触が残ります。

先日、「指輪が抜けなくなっちゃって・・・。そちらで抜いてもらえますか?」
というお問い合わせがあり、どうぞ〜とお返事したところ、
程なくカップルでお見えになりました。電話の主は男性。

どうやら太られたようでした(^^)。

どうしても抜けずにダメ元でいらしたようでしたが、ものの3分で
スーっと抜けました(これ、ベルスーズの特技です!)。

そしてそのまま買い取りも依頼されまして、お客様の手から
そのリングは離れていきました。

そう、今まで彼と歩んできたリングがその人生に、ピリオドを打った瞬間でした。

結婚指輪だったそうで、横にいた女性は新しい彼女でした。


そして、翌日。

「指輪が抜けなくなったので抜いてもらえませんか。」と、女性が一人ご来店。

やはりその理由はお太りになったからだったようでした・・・。

そして今度は30分くらいかかってしまったのですが;;
無事に抜けて、そして買取を依頼されまして、そのリングは彼女から
去っていったのでした。

買い取る際に中の刻印を確認したとき、“ハッ!”と気づきました。
前日の買い取らせて頂いたリングと同じブランド名の刻印。

そう。
昨日の方の“元”奥さまでありました。

お互いで抜くにも抜けずに困っていたようで(ちょっと面白いですね)、
彼が抜けたことを知ってベルスーズにいらしてくれたようでした(笑)。

リングが二つ。
このリングたちは、彼らの人生の門出を祝い、苦楽を共にし、
離れ離れになり、そして旅立つ・・・という人生を終わろうとしていました。



♪ドナドナ・・・です(涙)。



ご主人様たちにお別れを言っているかのようでした。


新たな人生を歩みだしたお二人。
どうか、それぞれお幸せに・・・・☆☆☆







あ


PageTop