ブログ | 延岡のカフェのようなジュエリー店、Berceuse(ベルスーズ)。お気軽に遊びにいらして下さい。

ベルスーズ

Blog

2020年03月07日 [日記]

最後の最後に残ったもの

「今日はここへ来るようになってたんだな〜(^^)」と笑顔のお客様を見て、
私達まで「そうですね〜(^^)」と笑顔になっていました。

お客様お一人お一人、それぞれのスケジュールの中でご来店下さる、
その時の、この小さな店内での「人との出会い」は、奇跡的な巡り合わせです。

ここに来なければほぼ、会わないまま終わるであろう方と、
これまた数年ぶりの懐かしの再会を通して接点ができ、
お互いが次のステップを築ける出会いに発展されたようでした。

そしてまた、うちの社長が得意の沢山ある自分の引き出しから
この日はイチローのエピソードを披露していました。
「父親はイチローが野球を始めた時、みんなが安いグローブで始めた中、
最高級のグローブを買い与えて、これを大事に大事に使え、と手入れを学ばせた。
だから今でもイチローは道具を誰よりも大事に扱うようになった。」

自分の子育て中に聞きたかった!!!と悔やまれていましたが、
「孫でそれをする!」と(^^)。

ちょうどその頃、ご来店した別のお客様。
実はこの方のお孫さんが、この日が大学の合格発表で、私たちスタッフも
居ても立っても居られない時間を過ごしていました。
そしてなんと、いらしたと同時に、お孫さんのお母さんから電話があり、
「合格しました!」と!!!
(ご家族みなさまに大変お世話になっていて、早々にお知らせをくださいました)
このお客様は合格をベルスーズで知った訳ですが(笑;;)、
とにかく店内で大拍手!!!

みんなで、嬉しいうれしい高揚した空気を満喫し、
合格を知ったお客様も大変ホッとされて気分良く帰られ、
そして前述のお客様は、そのあと気に入ったピアスにも出会えました。

「今日は、いい出会い、いい話、嬉しい出来事!いいことづくめで、
本当に来てよかった〜(^^)ありがとう♪」
と言葉を残されて帰られました。

そんな場になれたこと。
そんな場に居られたこと。
皆様に本当に感謝です。

そして、起こったことがらを素通りさせず、歓びと幸せに丁寧に結び付け
心の栄養にされたこのお客様の心の豊かさが私の心に残りました。



PageTop