ブログ | 延岡のカフェのようなジュエリー店、Berceuse(ベルスーズ)。お気軽に遊びにいらして下さい。

ベルスーズ

Blog

2020年01月11日 [日記]

信じる心が最強の御守り

自分にとっての御守り。
神社からの御守りはもちろんですが、他人から見たらなんでもないものでも、
自分にとってはなくてはならないもの、しかも守ってくれていると思えるもの。

「ピアス、洗ってもらえますか?(^^)」
喜んでお受けしたアベリのダイヤモンドピアス。
目立つほどの大きさではないけれど、アンティークな細工が細かく施され
個性もしっかりある素敵な逸品。

「これを身に着けていると、心強くなるし守られてるような気がするの。」と。
「そういう力がこのピアスはあるのよ。」とも。
すごく胸に響きました。

ダイヤモンドは人の手で作れるものではなく、自然界で自然にできたもの。
自然が持つパワーはまさに「見えない力」であるし「私たちが持っていない力」だと思います。

「結局、困難に立ち向かうも、どうしようもなく苦しくなった時に救えるのも、全て最後は自分なんだよね。」
「最後は一人。その時にこのピアスを味方にしていると助けてくれてる気がするの。」と。

そのお客様は、かなり厳しい状況にぶち当たって、きっとそれを今必死に
乗り越えよう!乗り切るんだ!と自分に行き聞かせてる時なのではないでしょうか。
だからこそ、最後は自分・・・というのが行きつくところなのだと言い切れるのでょうね。

でもダイヤモンドのピアスが彼女をずっと支えてくれるに違いないと思います。
彼女自身がそれを信じている限り、必ず力を発揮するはずです。




PageTop