ブログ | 延岡のカフェのようなジュエリー店、Berceuse(ベルスーズ)。お気軽に遊びにいらして下さい。

ベルスーズ

Blog

2017年11月12日 [日記]

小さな愛の結晶。

私事の話になり、申し訳ありませんが;;
先日、ごく近い方の告別式に参列いたしました。

ひところはほぼ毎日顔を合わせて、子供のことで一緒に笑い、
励ましあい、悩みながら頑張った仲間。
心引き裂かれる思いでした。

告別式でのその方のお子さんの挨拶に、色んな意味で非常に強く心を打たれました。

お母さんに語りかけるように、〜だったね、〜だったね、と優しく、でも
心の底からの叫びでした。
「お母さんのコロッケは世界一だったよ。最後にお母さんの手作りのご飯が食べたかったよ。」
「お母さんともっともっと話がしたかった・・・」

故人を思い浮かべる時、普段なら何でもない、当たり前の風景であり、表情であり、空気。
食べてる時は世界一だなんて思ったりしないし、口にしたりもしなかった・・・
でも、思い返せばあの時、お母さんと一緒に食べたそのことが最高の幸せで、
かけがえのない瞬間だったと・・・胸が苦しくなりながら思いめぐらす・・・。

大きな行事や大失敗大成功したあの時も、もちろん覚えてる。
でも、逝ってしまったその人を思う時、振り返りながら笑った他愛もない笑顔だったり、
下らない愚痴を聞いてもらった時の優しい一言だったり、「おかえり」のかわりに
「お疲れさん」と言ってくれたささやかな愛・・・なんですね。

そんな瞬間瞬間がその人を表しているのですね。

彼が泣きながら、でも凛と、今まで注がれてきた愛を体全体で表した告別式の挨拶で
あらためて、私はそれに気づかされました。

そして、今思えばお母さんの闘病中に彼はとても成長していました。
やんちゃなエネルギーを積極的に先導するリーダーへと移行していたように思えます。
その姿をお母さんに見てほしくて。
いつも笑ってそばにいてくれたお母さんを喜ばせたくて。
全ては、小さな愛が積み上げた結晶なんだと思います。

きっと、彼は前に進んでいくでしょう。
お母さん、天国で見てあげててね。
きっと、あなたを安心させてくれると思いますよ・・・大丈夫。


PageTop