ブログ | 延岡のカフェのようなジュエリー店、Berceuse(ベルスーズ)。お気軽に遊びにいらして下さい。

ベルスーズ

Blog

2014年02月04日 [お休みのお知らせ]

喪服のとき・・・って?

なにかと、一つは絶対持っていたものに「パール」があります。

正装した時にいちばん間違いのないジュエリー。

よくお客様にも尋ねられるので、ここでひとつ
「パールの正しい使い方」をご紹介しますね♪

お祝いの席でのパールは主役よりも目立たない程度の
大きさにしましょう。

弔辞の際のパールは、付けないといけないものではなく、
唯一付けてもいい宝石、と認識して下さい。

黒真珠でないといけないのでは?と思ってる方も多いのですが、
黒←ナチュラル(グレー)←白、というモアベター程度。
どの色でも構いません(ピンクかかった白はおめでたい
イメージがあるので避けます)。

ただし、いずれも10o以下の大きさにしましょう。
ファッション性が強いものは避ける、というのが基本。

ピアスやイヤリングもネックレスに合わせる意味での
パールであればOK。なくてもOK。

指輪は結婚指輪以外はNGと覚えておくのが無難です。

ちょっとかじっておくとお得な豆知識でした(^^)









PageTop