ブログ | 延岡のカフェのようなジュエリー店、Berceuse(ベルスーズ)。お気軽に遊びにいらして下さい。

ベルスーズ

Blog

2016年11月05日 [日記]

穏やかな幸せ、ずっとそのままに。

革のブルゾンにブラウンの革靴。
穏やかな笑顔でお子さんを抱っこしてそっと連れ添う奥様。
「絵」になるお二人(^^)。

遥々宮崎からお二人の一生の記念を見つけにベルスーズにいらした
平島さんご夫婦。
お気に入りの「AbHri」(アベリ)で最高の指輪を作られ、4週間たった今日(作成に4週間かかります)、
期待に胸を膨らませいらして下さいました。

以前にも寛文さんは琴美さんにアベリのネックレスをプレゼントされていたという
アベリファンであり、お洒落でハイセンスなお方。
なので、ラッピングをしてあるリングケースをテーブルに
「どうぞ、お開けになってください」と置いた時、すごく嬉しそうにしたのは寛文さんの方(笑)。
ワクワクドキドキしてお開けになったのも寛文さん(笑)。

そして、アンティークなアベリのリングが素晴らしくお二人にマッチしていて
私は心から「やった〜!」と嬉しくなったのでした。

2歳のあゆむ君は、寝起きだったせいもあって終始「早く出たいよ〜(><)」モード。
でもいたって穏やかなお二人は声も荒げずうん、うん、となだめながらのトーク。
家庭が垣間見えるようでした。

これから、寛文さんは神奈川行きが決まっているとおっしゃっていました。
そして、数年後は中国にも行きそうだ、と。
グローバルなお仕事はプレッシャーもあるけど楽しいです、とも。

悲しい事件が相次ぐ日本の就労事情。
どうか、平島さん一家にはご苦労があってもその先に得る幸せが
何倍にもなって家庭が円満でありますように、心から祈ります。

また必ずお会いできる日を楽しみにしています♪

遠いところ、本当にありがとうございました!



平島さん

平島さん一家


PageTop