ブログ | 延岡のカフェのようなジュエリー店、Berceuse(ベルスーズ)。お気軽に遊びにいらして下さい。

ベルスーズ

Blog

2016年03月10日 [日記]

百聞は一見に如かず

この前は社長のびっくりする顔を久しぶりに見たと書きましたが、
今度は私!

本当にビックリ。

私は初めてお目にかかるお客様でしたので、指輪を
ご購入されるいきさつや、今朝方お電話いただいていたので
そのお礼などを普通にお話していました。

おしゃれな帽子をかぶって、雨が降っていたので
パープルのレインブーツをお履きになって、細やかな気遣い。
車に乗るとレインブーツとは縁遠くなりますが、
このお方はきっと元気に歩いてこられたんだろうな〜などと考えておりました。

ちなみに指輪のいきさつは、ご主人から頂いた結婚指輪を
なくしてしまったから、代わりのものを・・・、ということ。
愛があるお話の上に、女性心がご健在な証拠です、指輪ですから。

その指輪、70年はめていたことになりますね〜、と社長。

え?70年?
だって、結婚されてから頂いた指輪なら・・・そんな年月経ってないでしょう?

そう、なんと94歳。
まさかの94歳。
お名前を門田美保子さんとおっしゃいます。(私もみほこ!字は違いますが;;)
2年前まで自転車にも乗っていらしたんですって。

お肌も本当にお綺麗で、お話も普通にできますしなにより、レインブーツ。
暴風雨だったこの日にこの靴を履いて外に出て、指輪を買いに来られているのです。

50歳の頃からウォーキングをしてらしたそうです。
今でも5キロは歩かれるとか。
歩くって、すごいです。百聞は一見に如かず!

今、「アラハン」という言葉が世間を騒がせています。
アラウンド ハンドレッド。100歳前後。
この年代の女性(生きてらっしゃるのがほとんど女性!)が
出版されてる本がとても売れてるそうです。

元気に生きぬく。
なんと単純で難しいこと。
人生の先生がベルスーズにはとても多くいらっしゃいます(^^)。

美保子さん


PageTop