ブログ | 延岡のカフェのようなジュエリー店、Berceuse(ベルスーズ)。お気軽に遊びにいらして下さい。

ベルスーズ

Blog

2016年01月16日 [日記]

彼らの分まで頑張れ!

大きくニュースで取り上げられています、軽井沢でのバス横転事故。
これからの日本を動かす前途洋々の多くの若者の命がそこにはありました。

今日は大学のセンター試験。
今日のこの日を目がけて、どれだけの多くの若者が頑張ってきたことか。
学生の親も大きな荒波の上で子供と一緒に闘ってきたことでしょう。

犠牲になった中に多くの大学生がいました。
就職先も決まって、春には社会人になる予定の・・・。

なんということでしょうか。

悔しくて悔しくて、何処にどう何をぶつけていいのか。

10ヶ月間のお母さんの中から無事産声を上げ、さまざまな
危機を乗り越え幼少期を終え、気がつけば背中にはランドセル。
泣いたり怒ったり、時には風邪も引きました。
でもいろんな人に助けてもらいながら、中学生になり、好きな部活動で
初めての青春。恋もしました。お母さんに反抗もした。
最初の人生のターニングポイントの高校への受験勉強も必死に頑張った。
少しずつ自分の人生を描き始めた頃。
バイトで初めて社会人の中に入ったり、ボランティアをしたり、そんな中で段々に
絞り始めて、仕事や大学について真剣に考えた。
挫折もした。その分人の痛みも解るようになった。
遊びたいのも我慢して、夜中も勉強して夜食を食べてニキビで悩んだりもした。
親のありがたみも少しだけ解るようになった。
憧れの大学生活・・・、これから先の小さな不安と大きな希望。

学費のために寝る間も惜しんで仕事したお父さん。
よかったね、よくがんばったね、と労いの気持ちでわが子を見守るお母さん。

そんな、宝物の日々。尊い命。
映画でもドラマでもないけれど、世界でたった一つの物語。

誰にそれを一瞬で奪う権利があるのか。

答えは見つかりません。
ぶつける先もありません。
だって、もう帰ってこないのだから。

まだまだ生きたかった彼らのためにも、私達は今ある命を、
幸せを、ありがたく受け止めて、辛い時、投げ出したい時に
思い出さなければいけない。
今のこの瞬間が、奇跡であることに気づかなければいけない。

気づかせてくれてるんだよね!?

遠いところで、顔も知らない私という小さな一人が
あなた達の悔しさを思い、がんばっていこうって思ってるよ。
無駄にはしないよ。

今日と明日のセンター試験。
そんな人生のひとコマが今回っている。
みんな、がんばれ。
彼らの分まで頑張れ。


PageTop