ブログ | 延岡のカフェのようなジュエリー店、Berceuse(ベルスーズ)。お気軽に遊びにいらして下さい。

ベルスーズ

Blog

2015年09月03日 [日記]

ジュエリーが結んでくれた縁

インターネットが普及して全国どこでも
グンと距離が縮まった昨今。
とは言いましても、早朝に車を出して
帰りは日が暮れるような距離はやはり、遠い。

そんな距離、熊本の市街地からここ、
延岡のベルスーズまで遥々
「手にとって見てみたい」
情熱を胸に、来て下さったお客様。

その方は熊本に20年続いている
骨董品のお店を営んでいるM・M様。

ネット上でずっと気になって夢にも出てきたと
言うダイヤモンドのネックレス。
インプットすれば手に入ったかもしれないけれど
やはりこの手で、この目で実際に見てみたい。
その情熱がお電話口からびんびん伝わり、
実現した今回の出逢い。

アンティークを愛してやまない、という点でも
お客様とベルスーズは繋がっていました。

古き良き物を大切に愛する。
いいものへのこだわりや、愛情は
実は商いもさることながら、生き方そのもの、
そしてその人の隅々にまで現れるものなのだな、
と私は今回改めて痛感しました。

今まで、自分の好きなものを求めて、ゆっくり
そして一歩一歩進んでこられた確かな生き方が
ネックレスを選ぶお顔に繁栄されていました。

「今日は本当に来てよかった!」
と、何度も言って下さった笑顔が焼きついて
います。

私達にとって最高の言葉でした。

何万分、何百万分の一の確立で、一本の
ダイヤのネックレスが繋いでくれた縁。

選りすぐった骨董、いいものは必ず評価される
という地道な信念。
その思いが、山を越え谷を超え、磁石の
SとNのごとくベルスーズと引き合わせて下さっ
たと思わずにはいられません。

細いけどしなやかで、それでいて切れない強さを
ずっと持ち続けていけば、これからもこのような
素晴らしい縁を引き寄せてくれると信じています。

また是非、いらしてくださいね。
私達も熊本の骨董の世界を近いうちに
堪能したいな・・・と思っています♪



PageTop