ブログ | 延岡のカフェのようなジュエリー店、Berceuse(ベルスーズ)。お気軽に遊びにいらして下さい。

ベルスーズ

Blog

2015年08月14日 [日記]

小田さん、天然だよね。

一週間ほど前になりますが、
一組のカップルがおいでになりました。

爽やかで感じがよくて笑顔が
とてもかわいい女性。
となりには個性的な雰囲気で気さく、
宝石にも詳しい彼。

以前からアベリを知っていて、
しかも「コレ!」という気に入ったものも既に
研究済みの彼女は、きゃしゃなジュエリーを
上手につけこなして、
自分に似合いそうなものや好みもよく理解してる
しっかり屋さん。
(アベリ・・・東京発のブランド。宮崎県で
扱っているのはうちだけ。主にブライダル。)

実は彼女、シンガーソングライターで
いらっしゃいました。
はつらつとして、かわいくていらしたから
アイドルで全く通用するんですが、
ご自分で歌を書き、曲も作って
自ら歌っちゃうシンガーさん!でありました。

そして、彼からお名刺を頂いたとき、
またびっくりしました。
「artist」とある。・・・「美術家」。
お名刺と一緒に作品の写真とプロフィールも頂き、
またまたびっくり。
ロンドンや台北でも個展を開かれている
延岡が誇る著名な小松孝英さんでありました。

いわばお二人とも芸術家!
一歩間違えば凡人の私など
一生すれ違うことのないお二方と、
結婚指輪についてお話している。
お二人とも本当に気さくで、ユーモアがあって、
どんどん引き込まれていきました。

私は、わざわざ宮崎市から高速に乗って、
福岡にもアベリを扱ってるお店が
あったにもかかわらず、孝英さんが
延岡ご出身という縁が生きて
何もないこちらに来てくれたことが
嬉しくて嬉しくて、一生懸命
ご対応させて頂きました。

が!!
本来の“天然ボケ”は隠しようにも
隠せないものなのか・・・;;

ちょっこしドジをしてしまったその時、
なんとお客様である孝英さんご自身から
「小田さん、天然だよね」のひと言・・・。

一時間くらいで、私の天然を
すっかり見抜かれていたとは・・・・・。

芸術家の前には、うわべの取り繕いなど
、透明なストールをまとっているようなもの。
すっかり見抜かれていたことにただただ、
笑ってしまうやら情けないやら、
名前を覚えて頂いたことが嬉しいやらで、
忘れられないお客様が
また、増えたのでございます。

記念スナップを撮りそこない、ここにも“抜け作”振りを
発揮してしまった私ですが
皆さまにそのお二人のお姿をお伝えできず
残念でなりません。
これからも、一年の半分は
海外で過ごされる孝英さん。
次からは“伴侶”として、また“通訳”
(英語べらべら)として同伴されるりなちゃん。

お忙しいとは思いますが、是非、出来上がった
リングを着けてのツーショットを撮りにお店に
いらして頂きたいな〜、と願う小田でした(^^)。


PageTop