ブログ | 延岡のカフェのようなジュエリー店、Berceuse(ベルスーズ)。お気軽に遊びにいらして下さい。

ベルスーズ

Blog

2015年03月20日 [お休みのお知らせ]

ジュエリーはお化粧の一部☆

「喪服!喪服を着た時に一番歳が分かるのよ〜」と
なにか大発見をされたかのように教えて下さったお客様。

エレガントでおしゃれ〜なお姉さま。
30前の息子さんの話を時々して下さいます。

年齢を重ねることは誰しもが抗えない自然の摂理、ちょっぴり悲しいですが・・・。

アンチエイジング、この言葉が出始めた頃は「みんな同じなんだ〜」と
どこか安心(笑)したのを覚えていますが、言葉が一人歩きしてきた最近は
逆に「年齢を認める」ことが、素敵なような気がしてきています。

いつまでも自分の好きなファッションを楽しむのは大賛成!
若い格好が好きならそれもOK!

でも一方で、この前までこの服似合ってたのにな〜;;と、鏡の自分に
違和感を感じたら、もっと似合う服を探してみる。

今の自分に合ってる装い。

これをちゃんと知ってるのと知ってないのとでは、随分ともったいない“差”が
できちゃうのかな〜って。

喪服でショックを受けたお客様は、慌ててパールのネックレスとピアスを装着!
随分とホッとした・・・、と話されていました(^^)。

肌がピチピチしている20代は、その肌こそが美しさなので、
切れそうなチェーンにやっと見えるくらいのダイヤモンドが素敵で、
美しい肌を引き立ててくれます。

でも40代になってくると、ジュエリーの意味がちょっと違ってきます。

ちゃんと見えるダイヤモンドが(笑)、肌を元気に、表情を明るく
引き立ててくれるのです。
大粒の照りのいいパールが、上品さを醸し出してくれるのです。

体のどこかにアクセントをさりげなく着けるだけで、大きく違ってくるのが
ジュエリーの最大の魅力。

お化粧をして、さあ、出かけよう!という時に、鏡の前で
ピアスかイヤリングだけでも、着けてみてください(^^)

きっとグーンと表情に元気が出ますよ♪











PageTop